strings.xml 17 KB
Newer Older
yuk7's avatar
yuk7 committed
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><!--
  ~ Copyright (C) 2013-2017 microG Project Team
  ~
  ~ Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
  ~ you may not use this file except in compliance with the License.
  ~ You may obtain a copy of the License at
  ~
  ~     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
  ~
  ~ Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
  ~ distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
  ~ WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
  ~ See the License for the specific language governing permissions and
  ~ limitations under the License.
  -->

<resources xmlns:xliff="urn:oasis:names:tc:xliff:document:1.2">
    <string name="gms_app_name">microG Services Core</string>
    <string name="gms_settings_name">microG設定</string>
    <string name="gms_settings_summary">microG services Coreの設定</string>

    <string name="just_a_sec">しばらくお待ちください...</string>
23
    <string name="google_account_label">Google microG</string>
yuk7's avatar
yuk7 committed
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
    <string name="ask_permission_tos">続行すると、このアプリとGoogleがそれぞれ利用規約とプライバシーポリシーに従ってお客様の情報を使用することを許可したことになります。</string>
    <string name="account_manager_title">Googleアカウントの管理</string>
    <string name="sorry">申し訳ありません...</string>
    <string name="auth_before_connect">"デバイス上のアプリがGoogleアカウントにサインインしようとしています。"

これが意図的なものである場合は、 <b>サインイン</b> ボタンを使用してGoogleのサインインページに接続します。 そうでない場合は、 <b>キャンセル</b> を使用するとこのダイアログを表示したアプリに戻ることが出来ます。"</string>
    <string name="auth_sign_in">サインイン</string>
    <string name="auth_connecting">"Googleのサーバーに接続しています。

しばらくお待ちください。"</string>
    <string name="no_network_error_desc">"ネットワークに接続されていません。

これは一時的な問題であるか、Androidデバイスがデータ接続用に設定されていない可能性があります。 モバイルネットワークやWi-Fiネットワークに接続し、再度やり直してください。"</string>
    <string name="auth_general_error_desc">"Googleのサーバーとの通信に失敗しました。

後ほど再度やり直してください。"</string>
    <string name="auth_finalize">"アカウントに情報を保存するため、Googleと通信しています。

これには数分かかる場合があります。"</string>
    <string name="allow">許可</string>
    <string name="deny">拒否</string>
    <string name="auth_notification_title">認証が必要です</string>
    <string name="auth_notification_content"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g> がGoogleアカウントにアクセスするために認証が必要です。</string>

    <string name="perm_status_broadcast_label">内部ブロードキャストを受信</string>
    <string name="perm_c2dm_receive_label">C2DMメッセージを受信</string>
    <string name="perm_c2dm_send_label">C2DMメッセージを他のアプリに送信</string>
    <string name="perm_gtalk_svc_label">メッセージを交換し、Googleのサーバーから同期通知を受信</string>
    <string name="perm_extended_access_label">Googleサービスへの拡張アクセス</string>

    <string name="service_name_checkin">Googleデバイス登録</string>
55
    <string name="service_name_mcs">Cloud Messaging</string>
yuk7's avatar
yuk7 committed
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116

    <string name="service_status_disabled">無効</string>
    <string name="service_status_enabled">有効</string>
    <string name="service_status_automatic">自動</string>
    <string name="service_status_manual">手動</string>
    <string name="service_status_enabled_short">On</string>
    <string name="service_status_disabled_short">Off</string>

    <string name="games_title">Google Play ゲーム</string>
    <string name="games_info_title"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g> が Play Gamesの使用を要求しています。</string>
    <string name="games_info_content">Play Gamesを使用するには、Google Play ゲーム アプリが必要です。 Google Playゲームアプリ無しでも続行できますが、予期しない動作をする可能性があります。</string>

    <string name="pick_place_title">場所を選択</string>
    <string name="pick_place_desc">場所の選択はまだ利用できません。</string>
    <string name="place_picker_select_title">この位置を選択</string>
    <string name="place_picker_nearby_places">近くの場所</string>
    <string name="place_picker_location_lat_lng">(%1$.7f, %2$.7f)</string>

    <string name="lacking_permission_toast">microG Services Core: <xliff:g example="have full network acccess">%1$s</xliff:g>の許可がありません</string>

    <string name="network_type_mobile">モバイルネットワーク</string>
    <string name="network_type_wifi">Wi-Fi</string>
    <string name="network_type_roaming">ローミング</string>
    <string name="network_type_other">その他のネットワーク</string>

    <!-- Self check -->

    <string name="self_check_cat_fake_sig">署名スプーフィングサポート</string>
    <string name="self_check_cat_gms_packages">インストールされたパッケージ</string>
    <string name="self_check_cat_system">システム</string>

    <string name="self_check_name_fake_sig_perm">システムは署名スプーフィングに対応しています: </string>
    <string name="self_check_resolution_fake_sig_perm">実行しているROMはネイティブの署名スプーフィングに対応していません。 あなたはXposedやその他のシステムを使用して、署名スプーフィングを使用することが出来ます。 どのROMが署名スプーフィングをサポートしているか、またサポートしていないROMでmicroGを使用する方法に関するドキュメントを確認してください。</string>
    <string name="self_check_name_perm_granted">システムは署名スプーフィング権限の許可しています: </string>
    <string name="self_check_resolution_perm_granted">これは、ROMが署名スプーフィングをサポートしていることを示す強力な指標ですが、有効化するには追加の操作が必要です。 必要になる可能性のある手順についてのドキュメントを確認してください。</string>
    <string name="self_check_name_system_spoofs">システムの署名スプーフィング: </string>
    <string name="self_check_resolution_system_spoofs">必要になる可能性のある手順についてのドキュメントを確認してください。</string>

    <string name="self_check_pkg_gms">Play開発者サービス(GmsCore)</string>
    <string name="self_check_pkg_vending">Playストア(Phonesky)</string>
    <string name="self_check_pkg_gsf">サービスフレームワーク(GSF)</string>
    <string name="self_check_name_app_installed"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g>がインストールされています:</string>
    <string name="self_check_resolution_app_installed"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g>、または互換性のあるものをインストールしてください。 互換性のあるアプリケーションについてのドキュメントを参照してください。</string>
    <string name="self_check_name_correct_sig"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g> が持つ正しい署名: </string>
    <string name="self_check_resolution_correct_sig">インストールされている <xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g> に互換性がないか、署名スプーフィングが有効ではありません。 互換性のあるアプリケーションとROMに関するドキュメントを確認してください。</string>

    <string name="self_check_name_battery_optimizations">バッテリーの最適化を無効にしてください:</string>
    <string name="self_check_resolution_battery_optimizations">バッテリーの最適化を無効にするには、ここをタップしてください。 これを行わない場合、アプリが誤動作する可能性があります。</string>

    <!-- Settings strings -->

    <string name="prefcat_about">情報</string>
    <string name="prefcat_components">コンポーネント</string>
    <string name="prefcat_configuration">設定</string>
    <string name="prefcat_google_services">Googleサービス</string>
    <string name="prefcat_location_service">位置情報サービス</string>
    <string name="prefcat_operation_mode">動作モード</string>
    <string name="prefcat_services">サービス</string>
    <string name="prefcat_test">テスト</string>

    <string name="cond_gcm_bat_title">バッテリーの最適化が有効です</string>
117
    <string name="cond_gcm_bat_summary">Cloud Messagingが有効になっていますが、microG Service Coreのバッテリーの最適化が有効に設定されています。 プッシュ通知が正しく動作するためには、バッテリーの最適化を無効にする必要があります。</string>
yuk7's avatar
yuk7 committed
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
    <string name="cond_gcm_bat_action">最適化無効</string>
    <string name="cond_perm_title">権限がありません</string>

    <string name="prefs_account">アカウント設定</string>
    <string name="prefs_account_privacy">個人情報 &amp; プライバシー</string>
    <string name="prefs_account_security">サインイン &amp; セキュリティ</string>

    <string name="pref_auth_trust_google_title">アプリの権限についてGoogleを信頼する</string>
    <string name="pref_auth_trust_google_summary">無効にすると、アプリの承認リクエストがGoogleに送信される前にユーザーに確認が求められます。 これが無効になっている場合、一部のアプリケーションはGoogleアカウントの使用に失敗します。</string>

    <string name="pref_checkin_enable_summary">お使いの携帯電話をGoogleサービスに登録し、一意のデバイス識別コードを作成します。 microGは、識別コードに加えて、登録済みのGoogleアカウント名も使用します。</string>
    <string name="pref_device_registration_android_id">Android ID</string>

    <string name="checkin_not_registered">未登録</string>
    <string name="checkin_last_registration">最終登録: <xliff:g example="Yesterday, 02:20 PM">%1$s</xliff:g></string>
    <string name="checkin_enable_switch">デバイスの登録</string>

    <string name="pref_add_account_title">アカウント</string>
    <string name="pref_add_account_summary">Googleアカウントを追加</string>
137
138
    <string name="pref_gcm_enable_mcs_summary">Cloud Messaging は、サードパーティアプリケーションで広く採用されているプッシュメッセージプロバイダーです。 使用する前に、デバイスの登録を有効にする必要があります。</string>
    <string name="pref_gcm_heartbeat_title">Cloud Messagingの同期周期</string>
yuk7's avatar
yuk7 committed
139
    <string name="pref_gcm_heartbeat_summary">システムがGoogleサーバーと同期する秒単位の間隔。 この数値を増やすとバッテリーの消費量は減りますが、メッセージの遅延が発生する可能性があります。\n 非推奨: 将来のリリースで置き換えられる予定</string>
140
141
    <string name="pref_gcm_apps_title">Cloud Messagingを使用するアプリ</string>
    <string name="pref_gcm_apps_summary">このリストは Cloud Messagingを使用するために登録されたアプリの一覧です。</string>
yuk7's avatar
yuk7 committed
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
    <string name="pref_gcm_confirm_new_apps_title">新しいアプリの確認</string>
    <string name="pref_gcm_confirm_new_apps_summary">プッシュ通知を受信する新しいアプリが登録される前に確認する</string>
    <string name="pref_gcm_ping_interval">Ping間隔: <xliff:g example="10 minutes">%1$s</xliff:g></string>

    <string name="pref_about_title">microG Services Coreについて</string>
    <string name="pref_about_summary">バージョン情報と使用したライブラリ</string>

    <string name="gcm_app_error_unregistering">登録解除中にエラーが発生しました</string>
    <string name="gcm_app_not_installed_anymore">アプリが削除されています</string>
    <string name="gcm_unregister_app">登録解除</string>
    <string name="gcm_not_registered">未登録</string>
    <string name="gcm_no_message_yet">まだメッセージを受信していません</string>
    <string name="gcm_last_message_at">メッセージの最終受信:<xliff:g example="Yesterday, 02:20 PM">%1$s</xliff:g></string>
    <string name="gcm_registered">登録されています</string>
    <string name="gcm_registered_since">最終登録:<xliff:g example="Yesterday, 02:20 PM">%1$s</xliff:g></string>
    <string name="gcm_unregister_confirm_title"><xliff:g example="F-Droid">%1$s</xliff:g>の登録を解除しますか?</string>
    <string name="gcm_unregister_confirm_message">一部のアプリは、自動的に再登録しないか、手動で再登録する機能を提供していません。 登録を解除すると、これらのアプリが正しく機能しない場合があります。\n続行しますか?</string>
    <string name="gcm_unregister_after_deny_message">すでに登録されている、プッシュ通知に登録するアプリを拒否しました。\n今後プッシュメッセージを受信しないように、登録を解除しますか?</string>
    <string name="gcm_messages_counter">メッセージ: <xliff:g example="123">%1$d</xliff:g>個 (<xliff:g example="12345">%2$d</xliff:g>バイト)</string>
    <string name="gcm_enable_switch">プッシュ通知を受信</string>

    <string name="pref_push_app_allow_register_title">登録を許可</string>
    <string name="pref_push_app_allow_register_summary">アプリのプッシュ通知への登録を許可</string>
    <string name="pref_push_app_wake_for_delivery_title">メッセージのプッシュ時にアプリを開始</string>
    <string name="pref_push_app_wake_for_delivery_summary">バックグラウンドでアプリを起動して、プッシュメッセージを受信します。</string>
    <string name="prefcat_push_apps_title">プッシュ通知を使用するアプリ</string>
    <string name="prefcat_push_apps_registered_title">登録されたアプリ</string>
    <string name="prefcat_push_apps_unregistered_title">未登録のアプリ</string>
    <string name="prefcat_push_networks_title">プッシュ通知に使用するためのネットワーク</string>

    <string name="snet_intro">Google SafetyNetはデバイス認証システムであり、デバイスが適切に保護され、Android CTSと互換性があることを保証します。 一部のアプリケーションは、セキュリティ上の理由または改ざん防止の前提条件としてSafetyNetを使用します。
    
    microG GmsCoreにはSafetyNetのオープンソースな実装が含まれていますが、公式サーバーでは、プロプライエタリなDroidGuardシステムを使用してSafetyNetリクエストに署名する必要があります。 DroidGuardのサンドボックスバージョンは、個別の「DroidGuardHelper」アプリとして利用できます。</string>
    <string name="snet_enable_switch">デバイスの認証を許可</string>

    <string name="pref_snet_testdrive_title">SafetyNetテストの実行</string>

    <string name="pref_snet_status_official_title">公式サーバーを使用</string>
    <string name="pref_snet_status_official_summary">root化されていないシステムと、microG DroidGuardHelperのインストールが必要です。</string>
    <string name="pref_snet_status_official_info">公式サーバー</string>
    <string name="pref_snet_status_third_party_title">サードパーティのサーバーを使用</string>
    <string name="pref_snet_status_third_party_summary">サードパーティのサーバーは、DroidGuardの署名がないSafetyNetリクエストに応答できる場合があります</string>
    <string name="pref_snet_status_third_party_info">third-party server</string>
    <string name="pref_snet_custom_url_title">カスタムサーバーのURL</string>
    <string name="pref_snet_custom_url_summary">SafetyNet認証リクエストに応答するサードパーティサーバーの完全なURL</string>
    <string name="pref_snet_self_signed_title">自己署名証明書を使用</string>
    <string name="pref_snet_self_signed_summary">サーバーにリクエストする代わりに、自己署名証明書を使用してローカルでSafetyNet応答に署名します。 ほとんどのアプリは、自己署名証明書を使用した応答の使用を拒否します。</string>
    <string name="pref_snet_status_self_signed_info">自己署名証明書</string>
</resources>